Biography Activity Member Studio Sound Log link Contact
Top > Activity > ファミリースタンド製作ノート

Famiy Stand製作ノート

アムネシアに続く夏の長編として、この企画がスタートしたのが、1999年5月。
依頼が急だった「amnesia」と比べ、時間的にも計画的にもたくさんの時間がありました。
まず、イメージ曲の入ったテープと第一次楽曲オーダ−がきました。


<メイン>
田舎の風景に合う感じ。弦楽器が使用されるとうれしい。(ピアノ・バイオリン・オーケストラ)3パターン位欲しいです。
<サブ1>
子供達がわいわいやっている感じ。楽しく明るい感じです。笛の音など最高です。
<サブ2>
これまたのんびりした感じ。1よりももっと心休まる感じ。
<未定>
悲しい曲。今、構想中で、どんな感じかわかり次第送ります。

3パターンのメインとなりうる曲と、オーダー通りの子供っぽい曲(いかにもすぎたかなあ。)を送りました。その後細かいオーダーがきました。


基本的にメロディラインは、すべて同じでOKです。曲やテンポを変えていく方向でお願いします。映画の雰囲気は、菊次郎の夏です。

1.夏祭り
スピード観、ハラハラ観、基本メロディーラインの早いバージョンです。何か起きそうだぞって感じです。打ち込み系でOKです。

2.旅立ち
1の続きみたいな感じです。バイオリンなど弦楽器ベースでピアノの伴奏みたいな感じで。

3.夏空の下で
田舎の若者がのびのび遊んでいる感じ。ゆったりとした感じ。弦楽器のみがいい感じです。POPな感じですな。

4.冷たい花火
うーんと悲しい感じです。孤独感。寂しい感じです。

5.夏の思い出
基本メロディーラインのピアノバージョン。明るいけど少し寂しい感じ。別れと、旅立ち。

6.エンディング
基本メロディーラインのオーケストラバージョン。ばりばりにやっちまってください。


その後、夏休みにHirakuが上京し、ミーティングを行ったりしました。
映画内容が、がらりと変わったために悲しい系統の曲が、すべておじゃんとなり、(その曲はサイレントベルのメインテーマに。)似せて作った3つのモチーフがすべて採用となりました。
子供系統の曲も実はすべておじゃん。映画の内容がだいぶ変わったこともあってか、今回は没が多すぎ。
台本も結末のかなり異なる第一版と第二版が存在しするほど。
そのためにメロディが氾濫して、どれがメインテーマか分からなくなりました。実は、作曲者も混乱していました。


しかし、一つ一つの楽曲の評価はものすごく高く,時間も細かく合わせて調整したりと,満足のいく結果となりました。ストップウォッチ片手にビデオを回しながら合わせました。特にエンディングのスタッフロールのシンクロはかなりうまくいったと思います。

機会があったらモチーフを減らして、是非作り直したいものです。