Biography Activity Member Studio Sound Log link Contact
Top > Activity > アムネシア

98年早稲田映画まつり グランプリ受賞作品
第11回東京学生映画祭 観客賞受賞作品

#C.C.C.+∞Production Infinity +CINEMAX SIDEVARG+似島ワークキャンプ
共同制作作品

アムネシア
<1998.11/95mins>

◆ストーリー

友人や恋人もなくただ一人寂しく生きている男、吉野航也。一人で過ごす生活に嫌気がさし、知人からの紹介で「アムネシア」をレンタルすることにした。「アムネシア」とは一見ごく普通の人間だが、彼らは皆、過去の記憶を自ら望んで消し去り、「新しい自分」=「アムネシア」として、生まれ変わっている。航也がレンタルした「アムネシア」はAM−25という名の18歳の女の子だった。航也は彼女を自分の「妹」と仮定し、一ヶ月間のレンタル期間のなかで楽しい共同生活を送るつもりでいた。だが、AM−25には重大な過去があることが後に判明していくのであった。

◆作品解説

この作品は∞Production Infinityの事実上のデビュー作です。もともとバンドだったInfinityが音楽制作サークルになるきっかけとなった作品です。
製作期間が少なく大変苦労しました。それだけに、思い入れがあります。いつか本当に音楽を作り直し、オーケストラで演奏することが夢ですね。
詳しい制作過程はこちらをご覧ください。

◆劇中使用曲解説
をクリックしていただくとストリームWMF形式で曲をお聴きいただけます。
Number.title Composer Arranger Coment [Written by Hiraku]
1.quittime Hiraku Hiraku この映画のメインテーマamnesiaのピアノバージョンです。
といっても、時間の都合上ピアノパートはamnesiaと共通しています。
2.Happyblue2 Hiraku Hiraku 不思議な感じといわれ、作った曲がこれです。バージョンは1.2.3それぞれあり、
似たようなんですが、少し違うんです。採用になったのは2.3でした。
当初はもっとキーが高かったんですが低くくらーい感じにしてくれという注文のため、 こうなりました。
メロディがこれといってなく、パソコン上での譜面の調整もいっさい行われていない曲です。
つまり、弾いたそのまんま。(いい加減ではなく、制作日数のため→苦しいいいわけ。)
3.Happyblue3 Hiraku Hiraku
4.Malon cort Akko Akko 曲数が足りなくて、急遽採用になった曲です。MIDI打ち込みし直してもらうときに、
私の手元にしかDATAがなく電話で、曲を流して録ったという大変な思い出があります。
辛いですね。締め切り直前だったんです。
それにしてもアムネシアの音楽制作日数が少なかった。(愚痴)
5.Song of sea Akko Akko れは、Akkoが最初作りためていた曲の中で「いいなあ」と思ったので、録音して監督に送ったところ、
監督も「いいなあ。」と。(笑)両者の感性が一致してます。主人公ななみのテーマです。
6.Separation(longversion) Akko String arrange
:Hiraku
Song of seaのストリングスバージョンです。ながいながい。ほんとに監督も無茶な要求をするもんだから。
監督「この曲9分ぐらいに延ばして」Hiraku「えー?」監督「繰り返しでいいから。」
ということでリピートばっかりです。
7.Lost Memory Akko Akko もともととても短い曲なのですが、だいぶ引き伸ばしてもらいました。
8.Say good-bye at sea Hiraku Hiraku amnesiaのオルゴールバージョン。一応、オルゴールに合うように弾き直しました。
9.Separation Akko String arrange
:Hiraku
Song of seaのストリングスバージョンです。短い原曲の方です。
これでも、何回もフレーズを繰り返しているのです。
もともと今村の曲はすべて短い曲なのです。
10.enjoyable time Hiraku Rythmarrange
:Yosiyuki
この曲がそもそものスタートでした。こ
の曲は監督さんのバンド「なんちゃってばんど」のために書き下ろした曲なのです。
クラシックアレンジを施したのが、本編のテーマ曲amnesiaです。
バンドアレンジといってもベースとピアノとボーカルのみでした。あとは、お任せって感じでした。
でも、「なんちゃってばんど」解散により、MIDIで演奏してくれということで、
ギターを入力し、(苦手)ドラムをメンバーYosiyukiにうちこんでもらい、なんとか完成した曲です。
11.Lost Memory Akko String arrange
:Hiraku
Akkoが作るコード進行をなかなか理解できず、リアルタイム入力で、かなり苦労しました。
彼女の望むハーモニーをストリングスで再現するのはとても大変です。
これも監督の要望により、何回も同じフレーズが続くので、
ストリングスもできるだけ飽きさせないよう変化を加えました。
12.amnesia Hiraku Hiraku この曲は、もともと監督さんのバンドが演奏するために、
ポップス調に作った曲(Enjoyable timeの原曲です)でした。
最初はこのバンドのためを書くだけだったのですが、
ストリングを入れて再アレンジこのした曲が監督に認められて、
この映画の音楽を担当することになりました。
ピアノもストリングスは即興一発録りという、いいかげんな方法でしたが、
(時間がなかったのです)それにしてはなかなかよくできたと思います。
私にしては珍しくおとなしいメロディです。
いままでの曲のタイプではなかったので、最初は苦労しました。

◆Music Making Staff
Composer: 吉川 拓(2.3.4.5.8.10)
今村 綾子(1.6.7.9.11)
Arranger: 吉川 拓(2.3.4.5.7.8.9.10)
今村 綾子(1.6.7.9.11)
Supervisor: 藤橋 誠(#C.C.C.)
Recording Engineer: 吉川 拓
Asistant Engineer: 和田 宇一郎(Jorker)
Working Studio: HMC Studio
Sudio FULLFULL
Ayako’s home
Recoding Studio: Sudio FULLFULL
First Recoding  1998.11.3
Second Recording  1998.11.5
FINAL Recoding  1998.12.12
Special Thanks: 赤羽 進亮(#C.C.C.)
石瀬 純子
八島 秀
Hiraku’s&Ayako’s family

◆CAST
AM−25 (風子) 海野 こよみ
吉野 航也 横瀬 龍(#C.C.C.)
江川 定夫 高野 智者
酒井 (サークル員) 近重 正太郎(繊維研究会/cinemax sideverg)
田中 (サークル員) 真野 鉄也
近藤 (サークル員) 立上 曜
ホームレス 吉田 達也(#C.C.C./cinemax sideverg)
梶原 (Happy Blue部長) 永岩 祐介(S.Y.production/cinemax sideverg)
H.B秘書 中村 美由鑑
AM−18(真澄) 森 ふみよ
◆Film Staff
監督 藤橋 誠(#C.C.C.)
助監督 赤羽 進亮(#C.C.C.)
衣装 小堀 朋子
メイク 林 貴子
美術 近重 正太郎(繊維研究会/cinemax sideverg)
音楽 吉川 拓(∞Production Infinity)
今村 綾子(∞Production Infinity)
協力 似島ワークキャンプ
ヤングイーゼル
PAGE BOY

Copyright 1998-2001 ∞Production Infinity. All Rights Reserved.